FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

砂時計とロシアンアマゾナイトのロザリオ

もうそろそろ、本格的にイベント準備を開始しないとなーと思いつつ、まったりロザリオ作ってます。ww

今回はちょっと志向を変えて、十字架の部分が砂時計になっているタイプ。
砂の色に合わせてロシアンアマゾナイトで作りました。
20200108 (1) - コピー
十字架に砂時計って珍しいなぁと思ったのですが
教会から購入した時についてきていた説明書きには

古代ギリシャでは、時間を表すのにクロノスとカイロスという二つの言葉を用いていました。
クロノスは、量的な時間、つまり一定で正確に刻まれていく時間の流れであり、時系列的に区切られていく時間のことです。
 カイロスは、質的な時間、規則的なものではなく特別な何かが起こる時間のことです。
 キリストの十字架とその救いの神秘によって、すべての時間は特別なものとなりました。神の時間が人間の救いのためにささげられたからです。
 栄えある十字架によって、新たにされた私たちは、人生におけるすべての出来事、現在の仕事や義務を引き受けます。恵みのときとして、栄えある永遠のときとして。
 カイロスの十字架は、時が神の賜物であること、また私たちが永遠の命へと招かれていることを象徴しています。


と記載がありました。
砂時計として使用するのではなく、この短い砂が流れる時間も神様のことを思い起こすためとのことです。
なるほどです。
なぜ砂時計が教会に売っていたのかわかりました。おもしろいですね。
ちなみにイタリア製です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

あおbluemoon

Author:あおbluemoon
ハンドメイドはゆっくりペース☆
SHOPは仕様変更予定です。。の~んびりと。w

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: